口臭対策をしっかりする~口のエチケット~

内蔵からのサイン

口臭は酷く気になるものですが、様々な原因があって引き起こされます。一般的には食べたものが関係していたり、丁寧に歯磨きが行えていなかったり、口内の水分の減少によるものだったりといったものが挙げられます。これらが原因で引き起こされる口臭は、水を飲んだり、デンタルフロスを使用して歯の隙間まで丁寧に歯を磨くといったことで簡単に口臭対策を行えます。しかし、酷い口臭は病気が原因で引き起こされていることが考えられます。便秘や胃の不調などの起こりやすいものから、肝臓や腎臓の重い病気まで、内臓の不調が原因で口臭を引き起こしていることがあるので注意が必要です。

内蔵が原因で引き起こされる口臭は、簡単な口臭対策では臭いを抑えることができません。更に、どの内臓が不調を起こしているのかがわかりにくいため、根本的な解決に繋がる口臭対策を行いにくいのです。内蔵が原因の口臭は、どれも酷い刺激臭のような臭いがします。例えば、胃は生活習慣や食生活の影響を受けて調子を崩すことが多いです。消化不良を起こすことで口臭の原因になってしまい、食べ物が腐ったような臭いが特徴として現れます。また、肝臓は体内の有毒成分を無毒化する重要な働きをしてくれる器官ですが、肝臓が不調を起こすと無毒化する働きが低下してしまい、残った有毒成分が口臭の原因となってしまいます。アンモニア臭の口臭は肝臓から引き起こされていると考えられます。腸の場合、便秘が起きることで排泄物が長期に渡り溜まってしまいます。排泄物が悪臭ガスを発することで、おならの臭いに似た口臭が引き起こされてしまいます。口臭の原因は内臓からの健康被害のサインであると考えられます。酷い口臭が続くようなら、病院での検査も視野にいれ、悪化を防ぐことが大切です。